[設立]

「フォーラムSKK’89」は、世田谷区及び(社)世田谷工業振興協会の支援を受け、平成元年6月1日(1989年)に発足しました。

[名称]

フォーラムSKK’89
 (社)世田谷工業振興協会の交流会という意味を表しています。

[活動内容及び実績]

毎月1回(第一火曜日 午後6時30分~)
 約3時間の定例会を開催し、会議や勉強会・研究会等を行っています。

  • 地域社会との連携・交流
    1.ふるさと区民まつり
    2.せたがや未来博
    3.せたがやビジネスマッチング等の事業への積極的な参加・協力
  • 企業活動に関する情報交換
    1.板橋区・大田区の異業種グループとの交流
  • スペシャリストによる講話の開催
  • 技術統合への探求・新技術、新製品開発への取組み
  • 環境に配慮した企業経営の取組み
  • 次世代への技術承継事業の取組み
  • 優良工業地視察研修の実施
[開発実績]

○1号機「缶たろう」 2号機「空き缶プレス機F-1」

 1980年代後半から急速に進んだ、ソフトドリンクのアルミ缶化。
 その後、アルミ缶リサイクルへの関心が高まる中、世田谷区から、児童・女性・高齢者が数人で運べる重量で、かつ電源不要の缶つぶし機の開発が求められ、1991年に1号機「缶たろう」を、翌年には実用新案を取得した改良型の2号機「空き缶プレス機F-1」を開発し、毎年、区のイベント会場等で大活躍しました。

○「太陽光発電 せたがやシンボルタワー」及び「非常用電源装置」

  2006年に「機能デモ機」をさぎ草市に出展展示したところ、世田谷区から災害時に役立つ機器の共同開発提案がありました。
 ”避難場所の位置・方向の確認””家族との連絡困難”など、様々な問題の発生を踏まえ、太陽光発電による電源の確保、避難場所の目印としての活用性・安全性を視野に入れ、開発に取り組みました。
 2008年3月に、「シンボルタワー」が区内公園2箇所に、「非常用電源装置」が区内防災倉庫5箇所に設置されました。
(2018年3月現在、区内7箇所に設置)
 現在もさらなる安全・安心を追求し、改良を加えています。
役職名 氏名 事業所名
代表幹事 友成 哲郎 株式会社 友成工芸
幹事 飯野 光彦 東洋ドライループ 株式会社
幹事 森 忠保 株式会社 ウイジン
幹事 田中 敏文 株式会社 田中電気研究所
幹事 早川 康利 株式会社 ニットク
幹事(会計) 丸山 正高 株式会社 丸山工務店
監事 橘 孝 株式会社 橘光学
山口 啓三 山口電機工業 株式会社
細田 武嗣 株式会社 WEL-KEN
齋藤 勝博 日本計測機 株式会社
荒岡 令治 株式会社 アラオカ
朝生 公章 有限会社 印材舎
飯田 保太郎 有限会社 飯田スプリング
片平 三郎 山元オブラート 株式会社
鷲尾 廣蔭 株式会社 山田精機
岡田 延孝 株式会社 岡田計器製作所
藤澤 洋一 共伸建設 株式会社
寺岡 健郎 東京特殊印刷工業 株式会社
清水 康明 株式会社 ピー・エス・インダストリー
栗原 正躬 株式会社 栗原商會
三田 和一 ミタコンサルティング
塙 敏成 神興建設株式会社
田中 康晴 株式会社タツミヤ
Scroll to Top