世田谷区ながら見守り活動に関する協定締結

世田谷区ながら見守り活動に関する協定を締結

 世田谷区と(公社)世田谷工業振興協会の「世田谷区ながら見守り活動に関する協定書」調印式が、2月25日、世田谷区役所で行われました。調印式には片平会長、飯野副会長、鷲尾総務委員長が出席。世田谷区の保坂区長と片平会長が署名しました。

 この活動は、地域の子ども等の弱者が犯罪、事故等に遭うことなく、安全に安心し暮らせる街づくりを推進するために行う活動です。今後、地域で子供や高齢者などの区民が、何らかの犯罪に巻き込まれ、若しくは何らかの事情により援助を必要と認めた場合は、110番通報や声掛け、必要に応じて安全を確保するなどの一時的な対応をとるような見守り活動を行うことになっております。新年度に、見守り活動をアピールするグッズなどが配布される予定です。

 (公社)世田谷工業振興協会の会員の皆さまには、地域とともに援助を必要とする子どもや高齢者をあたたかく見守る活動にご協力をお願いいたします。

Scroll to Top