<行政・教育機関等との協力・連携> 

●区諮問機関等への役員派遣

 ・世田谷区をはじめ、行政機関等における検討組織の委員への派遣要請を受け、
   世工振役員を推薦しています。

●『出前講座』の実施

 

 平成26年度より、NPO法人『くらりか(*)』のご協力を得て、新BOPの児童たちを対象に科学実験教室・工作教室を実施しました。

 *『くらりか』とは?   「蔵前理科教室ふしぎ不思議」の略称です。
  東京工業大学の卒業生団体である社団法人蔵前工業会の公益事業の一環として、
  傘下組織である蔵前技術士会と有志が、児童に理科に対する興味を呼び覚ますために、
  平成17年5月に結成したボランティアグループです。

 

「くらりか」の先生より熱のこもった説明)
「ガリレオの温度計」の実験

●『ものづくり事業所見学会』

 平成26年度より、区内在住・在勤・在学者を対象に区内にあるものづくり事業所を実際に見学していただくことにより「ものづくり」に対する理解と認識を深めてもらうことを目的として実施しております。
(㈱朝日プリンテックさんで見学)
(㈱サンネームさんで見学)

●『第9回世田谷ガリレオコンテスト』

 世田谷区教育委員会は、区立中学校生徒を対象として豊かな発想と創造力に富んだ夢のある 研究を募集しました。コンテストによる発表を通して、より研究を深め、区立中学生の科学への 興味や関心を高め、科学を学ぶ喜びや意欲を育てることを目的としています。
(会場風景)
(発表の様子)


●『つくば産産学連携促進市inアキバ』出展

 本展示会は、首都圏をはじめ広く市外の企業と筑波研究学園都市に集積する研究機関・企業との交流やビジネスマッチングの場の提供を目的としています。 
 講演、研究事例発表及びブース展示をとおして新たなビジネスチャンスを提案している展示会です。
(来場者へ「AE-TOWER」の説明)
(プレゼンテーションをされている田中理事)

<区内産業団体(商・工・農)等との交流事業>

●『経済交流促進会議』に参画

 世田谷の産業部門と区内産業団体である(公財)世田谷区産業振興公社、東京商工会議所世田谷支部、世田谷区商店街連合会、(公社)世田谷工業振興協会、JA東京中央、JA世田谷目黒からなる会議体で、各団体の事業の動向等を話し合う意見交換、情報交換の場となっています。

●『第10回スイーツ&ブレッドコンテスト』

 大学生、高校生を対象に「和菓子部門」「製パン部門」「洋菓子部門」において、『食育』を 意識し『もの』の美味しさ、大切さを醸成しつつ、感性を磨くことを目的に開催されました。
 決勝出場の各部門会計20名の皆さんが、審査基準の①味覚 ②美しさ ③アイディア ④衛生に技を競いました。
(授賞式)
(記念撮影)
Scroll to Top